不妊治療にかかわる「声明」

新型コロナウィルス感染拡大に対して、2020年4月1日、日本生殖医学会(不妊に関する日本で一番大きな学会)から声明が出されました。
その内容は、妊娠を希望され通院している患者さんには衝撃的な内容ですが、理由を聞いていただき、命を守る行動としてご理解いただければと思います。
以下「感染」とは新型コロナウィルス(COVID-19)による感染のことです。

 

声明が出された理由

・妊婦が感染すると重症化する可能性がある

 

・感染時に使用される治療薬として、妊婦に禁忌の薬剤の治療が試行されている

 

・受診や医療行為に関連した感染の新たな発生も危惧される

妊婦さんは同年代の他の人よりも死亡率が高いようです。また妊婦でなくてもインフルエンザの10〜15倍の死亡率と言われています。
今開発されている薬が実用化されても、妊娠している人には使えない薬なので、治療すれば胎児に重大な問題を起こす可能性もあるということになります。また通院や病院自体が感染の危険性にさらされているとも言えます。
したがって、せっかく妊娠したのに感染してしまった場合、その治療が非常に難しくなることが予想され、胎児への影響だけでなく、本人の命の問題になりかねません。

 

学会として4月1日時点で推奨される選択肢

・不妊治療の延期

 

・人工授精、体外受精・胚移植などは可能なものは延期

 

・採卵予定の方は、胚凍結し、胚移植の時期を再検討

期間

・感染の急速な拡大の危険性がなくなるまで、あるいは妊娠時に使用できる予防薬や治療薬が開発されるまで

 

当院では

 

当院は不妊専門施設ではありませんが、妊娠を希望されて通院されている方も多数おられます。
どのように対応するかは、個々の状況によって異なると思いますので、今後の通院・治療に関しては個別にご相談していきます。
2020年4月10日
 副院長 丸

 

生殖医学会声明の原文はこちらから

新生児蘇生法Aコース研修を終えてきました

 

 先日助産師Hが「新生児蘇生法Aコース」の研修に臨み、修了認定を受けてきました。
基本的な蘇生法のBコースより専門的なスキルを身に着けるため一日研修を受けてきました。
「これからも赤ちゃんの安全のためにスキルを活用していきます。」と、ニコニコしているHです。
2019年10月


台風被害報告

長時間の停電は初めて

 

9月9日 15号台風のため5時〜15時までわたなべ医院本院は停電しました。10時間も停電する事態は当院でも初めてでした。一番困ったのが連絡系統の遮断でした。
電話がつながらなかったので、ホームページとインスタグラムでの情報提供となりました。患者さんには大変ご不便をお掛けしました。今後の課題にしていきます。
わたなべ医院での停電中の対応や対策をまとめてみました。少々長くなりますがご了承下さい。

 

今まで災害マニュアルは作っていましたがいざとなったらやはり、いろいろ困ることが判りました。

 

〇診療について

 

非常用電源はありますが分娩に備えて使用しませんでした。
電子カルテ・エコーが使用できず産婦人科外来の診療見合わせを決めました。
来院された患者さんには対応できる方は診察をし、通院できる方には東松戸分院を受診してもらいました。

 

〇情報について

 

 その後の各連絡も事務職員や師長など個人の携帯で行いました。(いつ復旧するかわからず、今後の具体方針が決められなかったです)
東電の停電情報が10時の時点で本院のある奉免町が載っておらずどのように情報収集していいか本当に困りました。
ホームページ更新もできず当院の情報発信にも困りました。分院(東松戸は停電なし)に職員が行き情報の発信をしました。患者さんにも電話が使用できず大変ご迷惑をおかけしました。

 

〇入院中の皆さん  

 

本当に皆さんが協力的でやや風の通る廊下でベビーを肌着だけにしてママが優しくうちわであおいでいる姿に救われました。有難うございました。
非常用のカセットコンロで湯を沸かし粉ミルクを作りました。今後液体ミルクや使い捨ての哺乳瓶などをを常備することにしました。
厨房がつかえないため、提供できるものと外部の弁当でしのいでいただきました。
断水のためトイレ・シャワー使用できず患者に協力してもらいました。雨水を利用してトイレに使用し、飲料水はクリクラの水と常置しているペットボルの水を使用しました。

 

患者さんにも大変な負担をお掛けしました。そして、交通手段がなく待機していた職員合わせ皆さんお疲れ様でした。
そしていまだ停電で苦しんでいる皆さんお見舞い申し上げます

 

2019年9月12日

千葉県母性衛生学会学術集会に出席しました

 

毎年開かれている「千葉県母性衛生学会」今年は千葉大学看護学部内で開かれ、助産師MとSが出席しました。
産婦人科医療施設に勤務する者が、日頃の研究や業務の報告・症例検討をし、情報共有の場となっています。
LGBTに関わる講演や周産期医療のシンポジウムなどもありました。

 

このような場で発表する機会を得ると、他の施設の方々から助言をいただけて、客観的な業務の評価ができそうだと感じました。来年はこの場に立つことを目標にしたいですね。
2019年5月

BLS講習会に参加してきました

助産師2名が参加いたしました。
「BLS」 聞きなれない言葉ですね。簡単に言うと、
「心臓が止まってしまった状態の人を見つけたときに実施する救命の基礎」です。救命・蘇生の正しいスキルと知識の習得を目指して講習してきました。
講習の最後には修了試験があり、それに合格して修了証書を手にしてきました!

 

★BLS講習は一般の方向けの講習会も開かれているそうです。
2019年5月

(旧)母親学級1課を振り返って

2019年に入り、新しい構成で母親学級を実施して3か月がたちました。

 

昨年まで実施していた母親学級1課の振り返りとして、参加者をグラフにしてみました。(2017年と2018年分)
本院に通院中の方が濃い色のグラフ・淡い色のグラフが東松戸分院に通院中の方です。
ありがたいことに、本院で出産をしてくださる東松戸通院中の方が少しづつ増えてきているのがわかります。

 

母親学級を開催する目的としては
 ・妊娠から分娩に向けて心身の準備を整える
 ・入院施設を見てもらうことで出産時のイメージができる
 ・正しい医療の情報を持っていただき不安や疑問を少なくする
 などがあります。
限られた時間の中で伝えたいことはたくさんありますが、伝えきれないこともあります。
そこは妊婦検診や入院の時に質問してください。
「こんな情報がほしい」というご意見もぜひお待ちしています。

 

これからもよろしくお願いいたします。
2019年3月


新生児蘇生法(NCPR)認定更新の勉強をしています

新生児蘇生法(NCPR)1次コースの修了認定の期限が近づき、ただいま勉強中です。


数年前は院内に講師をお呼びして講習と実技を実施しましたが、今回は「e-ラーニングシステム」を使用しました。
自分の空き時間にサイトを開けば学習できることと、画像と音声付きで解説があり、覚えにくい分野を反復学習できるのがいいですね。

 

産まれてくる赤ちゃんの安全のために、頭と手をちゃんと使っていきたいと思っています。
(修了者には認定証が届くので久しぶりに証明写真を撮りに行った助産師Sです。(^-^)

災害対策の研修会参加

2018年9月2日幕張メッセで行われた「千葉県小児周産期地域ネットワーク災害時対応力強化研修」に参加。
当院でも日頃から災害への対策を行ってきたつもりでしたが、さらに広い視点での検討、地域や行政・病院間での連携の大切さを学んできました。

 

わたなべ医院の代表で参加したうちの一人である梅田師長の感想

「この研修を通じて災害医療の基本的な考え方を学びました。
当院でも改めて災害についてさらに構築していく必要があります。
スタッフ間で共有し、いつ起こるかわからない災害にしっかり向き合わなければいけません。
安心してわたなべ医院で医療・看護が受けられるようにしていきたいと思いました。」

助産師研修の報告会をしました

先日助産師Hが出席した研修の報告会を行いました。
テーマは「妊娠・出産期からの子ども虐待発生予防」
重いテーマではありましたが大切な問題と捉えました。

 

「泣き続ける赤ちゃんをどうしてあげたらいいか.焦るし、困る」というお母さんたちの声はよく耳にします。
「自分以外の親たちも同じような気お持ちなんだ」「困ったときはこんな風に対応すればいいんだ」ということを前もって知っていれば、泣く赤ちゃんへの心構えが違ってきます。そんな情報を伝えてあげてほしいという講義があったそうです。

 

以下のサイトは厚生労働省が「泣く赤ちゃんにどう対応するか」、動画付きで紹介しています。
今、真っ只中のお母さんたち、これから「その時」を迎えるお母さんたちも一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。
(と、約20年前に子供の夜泣きや夕暮れ泣きでこちらが泣きたかったことを思い出した助産師Sでした・・(*´ω`*))

 

広報啓発DVD(赤ちゃんが泣きやまない〜泣きへの対処と理解のために〜)


ページの先頭へ戻る